.

自己破産手続きにあたって自分の借り入れにあたってほかに保証人が存在するときには、早い段階で話しておくべきでしょう。さらに、改めてお話ししますが保証人となる人物が付いているときは、破産申告の前によくよく考えなければいけません。なぜかというともし自己破産をしてOKが出ると、その人がみなさんの義務を負う義務が生じるからです。ということから、破産以前にあなたの保証人に、その内容とか現状を報告しお詫びの一つもなくてはならないでしょう。保証してくれる人からすると当然のことです。負債者のあなたが破産手続きを取ることにより、いきなり膨大な借金が発生することになるのですから。そして、以後の保証人となる人の取れる道は4つになります。まず、その保証人が「みな返す」という手段です。あなたの保証人がいきなり多くのお金を苦労することなく返済できるというような財産を持ち合わせていればこの方法が選択できます。でもその場合は、あえて破産宣告せずに保証人である人に借金して、これからは保証人である人に月々の返済をしていくという形も取れると思います。その保証人が破産を検討している人と信頼関係にあるなら、いくらかは返済期間を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。耳をそろえて完済が不可能でも、業者も相談で分割による支払いに応じてくれます。保証人となっている人にも破産手続き行われると、カネがすべて返ってこないことになりかねないからです。保証してくれる人が債務者のカネを代わって払う経済力がなければ、あなた自身とまた同様にどれかの負債の整理を選択が必要になります。続く方法は「任意整理」です。この方法は貸金業者と話し合いを持つ方法で5年ほどの期間で完済をめざす形を取ります。弁護士事務所に依頼するときのかかる費用は1社につきおよそ4万円。7社から契約がある場合およそ28万円かかることになります。もちろん貸金業者との話し合いは自分でチャレンジすることも可能ですが法的な経験がない方の場合相手が確実に有利な提案を勧めてくるので、慎重である必要があります。それと、任意整理になる場合は保証人となる人に借り入れを負ってもらうことになるわけですから借りた人は時間がかかるとしてもその保証人に返済をしていく必要があるでしょう。3つめですが保証人となる人も債権者とともに「自己破産を申し立てる」ということです。保証人も返済できなくなった人と同じく破産すれば、保証人となっている人の責任も帳消しになります。ただし、もし保証人が不動産などを所有しているならば個人資産を失いますし法令で資格制限のある職務にある場合は影響がでます。その場合、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。一番最後の4つめの方法は「個人再生をする」方法があります。マンション等を処分せず借金の整理をしたい場合や破産では資格制限がある職業にたずさわっている場合にメリットのあるのが個人再生制度です。この手段なら、不動産は処分が求められませんし破産申し立ての場合のような職業の制限、資格に影響を与える制限が一切かかりません。

Copyright (c) 2000 www.tradenikeshox.com All Rights Reserved.