.

換金目的にて列車等の乗車切符などを大量購入してしまう》クレジットショッピング枠の現金化を使用しないで利用者自らが現金化を目的としてカード購入する行為も同じ事と言えます。

お金に変える方法を目的としているカードの決済というものは、クレカの規約違反扱いとなってしまうことが理由です。

大量の列車等の乗車券や切手販売等におけるクレジット決済というものは、最悪の場合換金目的なのではないか??と目をつけられてしまうことなども考え得るので、注意が大切です。

尚、使用時点でキャシング額が上限になっているクレカの場合には、列車の乗車チケットなどを購買することにトライすることだけであってもクレジットの会社から電話が入るということもあるため資金不足時のカード支払いは不可能になってしまうと思われます。

お金に困った時にする手段は、一緒であるのでしょう。

クレジットの会社から見て問題な使用法をする→一昔前に話題になった『永久機関』というような、クレジットカード会社にとって微塵もプラスとなり得ないような不正な取引をした場合、クレカの会社の方から強制退会となってしまう話があります。

インターネットに話題となっていた購入ポイントの不正な搾取など世の中に認知されていない秘密の方法が存在したとしてもこのような手段というのは全部ルールに反する行為なのであるから何があっても利用しないようにして欲しい。

没収させたられてしまった内容については他のカード会社へ知られる→クレジットを没収させられてしまった場合でも他の会社のクレジットカードについては使用できるのだからひとつくらい心配ないのでは??とか思っいるあなた昨今の情報化社会においてはその考え方が命取りになる心配もあります。

そもそも失効になってしまうような状態においては、クレジット発行会社にて確認出来る信用情報機関というものへ強制退会の契約情報が更新されるので契約者の社会的信用というものは大きく下がる事例があるのです。

持っているただの1枚ですらクレジットを没収となってしまうと別会社のカードまでも作りにくくなる模様ですし、最悪の場合別の所有しているクレカを没収となることもあり得るのです。

それは免れて引き続き利用できる場合でも期限満了とともに継続利用できなくなると思われます。

兎にも角にも記載したように、失効という扱いになるほどの利用の仕方は絶対にされないよう規約を守ってカードを使って頂きたいと思っています。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.tradenikeshox.com All Rights Reserved.