.

愛車を手放す場合、また自動車の売却の際も印鑑証明というものが必要になってきます。78-14-114

それではこの印鑑証明に関して説明していきます。78-13-114

印鑑証明とは、ある印鑑が実印として認められているということを保証するための書面です。78-8-114

この印鑑証明がなければ、その印鑑に関して実印で間違いないかどうかが裏付けられません。78-16-114

高額な売買になる自動車の買取ですから、必然的に実印が必要になりますが、それとセットで印鑑証明という書類が必要となるのです。78-11-114

印鑑証明という書類を発行するにははじめに印鑑証明の手続きをすることが必要です。78-20-114

登録するはんこは実印と呼ばれこの世に一つだけの判子であることが必須です。78-4-114

この実印を準備して、役場の取次ぎ所に行くことで印鑑登録できます。78-5-114

印鑑登録をすれば印鑑登録カードなるものがもらえて登録が完了したはんこは実印として使えるようになったということになります。78-17-114

印鑑証明を交付してもらうためには、役所の案内係へ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記入して印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。78-9-114

そして自動交付機でも印鑑証明を交付することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

なので、どんなに前の印鑑証明であろうが効力は半永久的に持続することになります。

ですが、中古車買い取りの際には必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。

基本的には有効期限を気にする必要はないですが、所有車の買い取りのときには、相手側が必須となる有効期限を設定していますのでもしも自動車売却予定の車があるのならば、最初に用意しておくことが必要です。

Copyright (c) 2000 www.tradenikeshox.com All Rights Reserved.