.

自分の車の売却額を少しでも上げるものには、中古車を手放す時期、タイミングというのも影響があります。

乗り換えを検討している愛車をできるだけ無駄なく手放すことを思いめぐらせれば、いくつかのポイントがあるんです。

自動車の見積査定の要点として重視されるところに走行距離があります。

通常走行距離は、車の寿命とみなされる場合もありますので走行距離というのは長いだけ、見積もりには減点材料とされます。

メーターが100キロと6万キロでは中古車の売値金額は相違があります。

普通は走行距離だけで見れば短ければ短いだけ愛車の買取額は増えますがそれほど詳しい基準はないので決まった基準で査定されます。

例えば、普通車ですと年間10000kmで線を引いてこれ以上だと一般的にマイナス査定の要因となります。

軽自動車では、年間8千キロがまた年数が経っているのに走行距離が非常に短いケースでも、見積額が上がるというわけでもありません。

年式・走行距離に関しての売却額査定のポイントは、年数と比べて適正な走行距離になっているかということです。

自家用車も該当します。

そしてその車の年式というのも中古車査定の小さくない注意点です。

十分わかっているという方も多数だと思っていますが、普通は年式は新しいほど査定では高評価が出やすいのですがごく稀にそのシリーズに特別な価値がある車種は昔の年式の場合でも高額で査定されることもあるのです。

次に、車検です。

当然車検というのは費用が必要ですので車検時期までの残月数が大きいほど査定は上積みされると感じると思いますが、実際には車検時期は中古車の査定にはほとんど相関性がありません。

国産車、ローライダー傷がある車、という感じの車のコンディションなども買取査定に相関性してきます。

車検のタイミングは売り時としてもいいタイミングということです。

逆に、見積額を高額にするために車検を受けてから査定を依頼しようとするのは車検代が勿体無くあまり意味がないということです。

他にもお店に車を査定し、売却する好機として2月と8月が狙い目と言われている時期です。

なぜなら、車買取業者の決算の時期が3月と9月というところが多くあるからです。

ですから、例えば、1月に売ろうと思ったら少し待って2月に中古車の買取査定を依頼して売るのも良い方法です。

それぞれの都合もあると思いますので、ひとまとめにしてそういったタイミングで売却するわけにもいかないでしょうけれども、可能であればこうしたタイミングを狙ってみると都合がいいかもしれません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.tradenikeshox.com All Rights Reserved.